よくある質問

Q:台湾CNS認証が2018年1月1日より変更されるとのことですが、電源コードではどのような対応となりますか?

A:台湾の認証は、2018年よりBSMI-RoHSに変更されます。
弊社販売の台湾向けの電源コードやACアダプターも該当します。従来品の認証期間は、2017年末もしくは、BMSI-RoHS更新後無効となります。台湾への通関と販売は、猶予期間が設けられ、2018年6月末となります(製品のアクセサリとしての出荷の場合は6月末ですが、単体の部品としては2017年末です)。在庫をお持ちの方は、急ぎご処理いただけますと幸いです。

現在、弊社調達のCNS認証の電源コードも在庫終了後にすみやかにBSMI-RoHSへ切り替え、弊社商品ページ上の表記も切り替え終了後、”認証:CNS(BSMI-RoHS)”と表示いたします。よろしくご確認ください。
弊社の切り替えは、2018年1月〜5月に順次行う予定です。

電源コードにつきまして、単純にRoHS対応に変更になるだけであれば、すでに製品は対応済であるため、従来品もシール添付などで済むかと思いました。しかしながら、今回の変更はそれに留まらず、屈曲試験の内容変更やプラグ物理的強度試験が追加されているため、各社プラグの内部構造やブッシングの形状変更が伴うこととなりますので、同じものだということができません。また、認証取得時にマーキングの記載方法も固定することとなりますので、刻印での認証取得であれば、シール対応することができません。台湾向けの電源コードをご採用のお客様は、ご注意ください。

Q:弊社では、ご注文者様とカード名義人が違う際は、 ご両者の間柄をご確認させていただいております。 もちろん説明で問題なければ、通過するのですが、 ”他のサイトでは聞かれたことがない!”とおっしゃられる ケースがございます。

A:弊社は、いまのようにシステム化される前からクレジット
カード決済を行っており、当時はカード会社と直接契約
をしておりました。そのカード会社からの要望で必ず上記
事項は、ご確認させていただいておりました。
 
システム化された現在もシステム会社からの要望で
上記事項の確認依頼はきています。実際は、店舗数が
増大していることもあり、各店舗の各担当者へ指示が徹底
されていないようです。
 
もし自分のカードを他人が無断で使用していたらとお考え
いただけますと。。。。ご理解いただけるかと思います。
 
もしご回答いただけない場合は、弊社の方で自動キャンセル
させていただいております。
 
大変恐縮ですが、ご理解とご協力よろしくお願い申し上げます。

Q:PSE認証の電源コードですが、今後15A定格でしか取得できないと言われましたが本当ですか?

A:延長コードに関しますPSE認証について修正がありました。
過去、プラグ、ケーブル、コネクタとばらならに認証取得して
組み合わせて用いることが可能でした。延長コードに限定して
15A定格以上でしかPSE認証取得、製造することができなくなり
ました。
※こちらをご参照ください

弊社にも取引先の電線メーカーから連絡が入っております。
既存のIECコネクタなどとの組み合わせ電源コードにつきまし
ては従来通りです。

弊社ではほとんど該当がありませんが、該当品は在庫修了
しだい切換予定です。

UL認証でも民生用途で別目的にて使用される可能性のある
電源コードに関しまして表示の規制強化がありましたが、同じ
流れで一般消費者様の誤解を生んで危険のないように改善
された措置かと思います。

Q:英国認証プラグにBS1363とBS1363/Aの2つの記述の違いが製品によって確認できますが、違いは何でしょうか?

A:どちらのプラグも問題なく英国認証品としてご使用いただけます。
BS1363/A はBS1363のアップグレードされた認証試験をパスした製品となります。
主な認証試験の違いは、BSI認証 No.20 Mechanical strengthでプラグ部分の
強度試験の回数です。組立プラグは、1000回の試験パスでBS1363のマーキング
が可能です。ケーブルとモールドされたプラグでは、2500回でBS1363、
5000回パスでBS1363/Aのマーキングとなります。
 
つまりどちらでも英国認証として問題はありませんが、製品の強度としては
BS1363/Aが最も厳しい試験をパスしているということになります。
よろしくご了承ください。

Q:ヒューズの抵抗値を計測したら数値がでるのですが、0でないとおかしくないですか?

A:ガラス管ヒューズは、内部の材質に電流が流れることで溶断されます。
従いまして、程度の差はあれ、抵抗がない方がおかしいということになります。
 
また、ヒューズメーカーからは一般的に仕様として、定格電圧、定格電流、
溶断特性、認証や寸法などはありますが、抵抗値に関してはありません。
 
弊社内の在庫を調べてみたところ、通常のヒューズはmΩレベルで、定格
電流が大きい程、抵抗値は小さく、逆に電流値が小さいと抵抗値は大きく
なりました。弊社在庫で最小電流定格の即断型50mAの製品は、20〜40Ω
と最も大きな抵抗値となりました。回路設計の際はご注意ください。
 
ただ、MΩ単位や抵抗計でオーバーロードした場合は、すでに切断されて
いるものかと思われます。過去に導通チェッカーでテストすることで、
50mA定格のヒューズをすべてご自分で切断してしまった例もございます。
抵抗値の確認には、計測器の電流値にご注意ください。
 
 
 
ヒューズ/サーモスタット
お試し版・送料無料ヒューズ等

Q:商品は使ってしまったが、気に入らなかったので規定では受け入れられないようだが、返品返金に応じるように!

A:ご事情はなるべく丁寧にご説明ください。取引関係で上位にいるお客様からの不当な恫喝や無理、侮辱がある場合は、お取引をお断りする場合がございます。
 
弊社は、取引関係とは対等であるものと考え、問題が発生した場合は、信頼関係をもって話し合い、できるだけ解決したいと考えています。
 
”どこそこに訴えてやる”といった恫喝や、”クズ集団”などといった侮辱、一方的に”勝手に検品したから検査代を要求する”など弊社が不当と判定する行為があった場合は、信頼関係をもってお話合いができるお取引先、お客様と認識することができかねます。ご了承ください。

Q:電話でのご注文や電話での回答に対応してもらえますか?

A:インターネット通販でのやり取りは、原則としてeメールのみで
対応しております。
 
電話でのご注文は、弊社に記録設備など対応するための準備が
できていないためお受けできません。ファックスやメールでの受注
は可能です。
 
混乱を避けるため記録が残らない形での受注は、ミスや間違いの
元になりますし、無責任であると判断するためです。
 
同様にメールなどで”いますぐ電話するように!”など電話での
回答のご希望もまれに頂戴しますが、お客様のご希望や弊社の
回答が記録として残りませんので、原則として対応できかねます。
水掛け論となるのを避けて、できる限り回答したことに責任を
もって対応したいためです。
 
ただ、メールアドレス登録等のミスでリターンメールとなってしまう
場合や緊急時のみ大変失礼かとは思いますが、電話でご連絡
させていただく場合もございます。ご了承ください。

Q:届いた商品は、パッケージが開いていました。
一度使った中古品か返品になったものを送ってきたのかな?

A:違います。弊店は原則新品を販売しておりますが、輸入品を多く
扱っております。基本的に海外メーカーから直接輸入しておりますので、
PL法上も弊社がメーカーと同じ責任がございます。
従いまして、国産品は検品しませんが、ほとんどの電気製品は弊店に
て出荷前検品を実施しております。パッケージが開いているのはその
ためで、検品者の印が押されているかと思います。
品質に万全を期すための弊店の努力です。ご了承ください。

Q:商品到着後動作しないので初期不良と判断しました。
 つきましては着払いでお店に連絡しないで送付しても
 いいのでしょうか?

A:問題発生時は必ず、まずメール等で状況を弊店にご連絡ください。
 
 操作・接続機器との相性などの問題で正常動作しない場合も多くあります。
 
 弊社にて何も伺っていない着払い貨物は、原則的に受取り拒否いたします。
 
 その場合、往復の運賃がお客様に宅急便会社からご請求されることになり、
 数千円になります。
 
 必ず弊店に、ご一報いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

Q:欧州向けのACコードに見慣れないENEC10VDEというマークがありますが。

A:現状AC電源コードに関しまして、欧州各国の認証マークを刻印することが一般的です。
これに対応するため、電源コードメーカーは、各国に対して各国の独自言語や通貨で
やり取りするためかなり煩雑です。
 
また、例えばフランスの認証マークロゴが変更等ありますとその都度
モールドを修整する必要がありました。

ENECマーク

ENECマーク


こちらのENECマーキングを用いますとEU全加盟国と東欧への流通を可能とする
安全認証マークで、一部メーカーは認証期間修了にともなう切換時に順次こちらに
マーキング変更する動きがあります。
ご了承ください。
 
詳細は下記にてご確認いただけますと幸いです。
VDE グローバルサービスジャパン – VDE 認証マーク
VDE ENEC マーク EU にて認められる安全マーク