パイ・テック・クラブさん授業にお邪魔

電子通商近所の小学校で行われているパイ・テック・クラブさんの授業にお邪魔しました。

今回は、ラズベリーパイで駆動させる4チャンネルリレーユニットとの接続の過程で、リレーの授業を行うとのことでした。せっかくなので、いじれてリレーの動作実感できるモジュールを組み立て持ち込みました。
 
リレーの動作が丸見えとなるモジュールがこちら。

金属探知-メロディ-カウンター

金属探知-メロディ-カウンター


 
金属探知とリレーを組み合わせたモジュールにNOサイドにおなじみのブレッドボードを用いて、メロディICと点滅LED、NCサイドにカウンターモジュールを組み合わせ。子どもには工具で反応を楽しんでもらいました。リレーの動作とカチッという音を見て聞いてもらえれば。。カウンターの動作が思いの他、楽しそうでした。硬貨によって反応したリしなかったりなんていう実演も楽しく見てもらえたようでした。
 
最終的にパイとモーターを組み合わせて車をお作りのようなので、NO/NCの両側に逆接続することでモーターを正/逆に動かすことができる6接点のリレーを用いたキットも作ってみました。スイッチを押すと逆回転するだけですが。。。ただただ連打する子どもがいて面白かったです。連打するたびに動作やらが変わるものなら、さらにいいかもと思いました。
6接点リレー

6接点リレー


 
これらを踏まえて電磁石の動作を工具で貼り付けて実感するキットも用意しました。
電磁石体験

電磁石体験


 
みなみな転がっているデンシ電気店処分品などを活用させていただきました。
実は台湾から帰国後、風邪をひいて店長は声が出なくなってしまったので、これ幸いと自由に触って遊んでもらいました。あまり解説もできなくて申し訳ないですが。。。反応を見て、次回はもっとおもろいもんを考えられたらなあと思うのでした。